東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > 美術 一覧

ここから本文

【イベント情報】

美術美術

2018年2月14日(水)〜5月7日(月)=国立新美術館
2018年5月19日(土)〜7月16日(月・祝)=九州国立博物館
2018年7月28日(土)〜9月24日(月・休)=名古屋市美術館
東京新聞の記事[→記事はこちら]
世界中の美術ファンから注目されているスイスの大実業家エミール=ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)が生涯を通じ蒐集したビュールレ・コレクション。本展では、ルノワール、ゴッホ、モネ、セザンヌなどの傑作中の傑作を紹介します。[→詳細はこちら]
 
2018年4月25日(水)〜7月1日(日)=名古屋市美術館
2018年7月14日(土)〜9月24日(月・休)=横浜美術館
東京新聞の記事[→記事はこちら]
モネが最晩年の大作《睡蓮》に着手してから約100年。モネの独創性と革新性は、次世代、そして今日の作家たちに多様なかたちで引き継がれてきた。「印象派の巨匠」、「モダンアートの先駆者」を超えた、新しいモネの魅力を紹介する。[→詳細はこちら]
 
2018年5月19日(土)〜7月1日(日)
東京ステーションギャラリー
大正ロマンを代表する作家、竹久夢二(1884-1934)の展覧会で昭和40年代から夢二作品の出版事業に尽力した龍星閣が所蔵する書籍の表紙、挿絵などコレクションを紹介。1927年(昭和2年)に都新聞に134回連載された自伝小説「出帆」の肉筆原画を初公開する。[→詳細はこちら]
 
2018年6月2日(土)〜7月22日(日)
東京都江戸東京博物館
東京新聞の記事[→記事はこちら]
全国で毎年約8000件近く発掘調査が実施されていますが、その成果に実際に触れる機会は極めて限られています。その前年度などで特に注目された出土品を中心とした展覧会を全国を巡回することにより、埋蔵文化財に親しみ、その保護の重要性に関する理解を深めることを目的として開催。今回で第24回目。[→詳細はこちら]