東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > 美術 一覧

ここから本文

【イベント情報】

美術美術

2018年2月14日(水)〜5月7日(月)=国立新美術館
2018年5月19日(土)〜7月16日(月・祝)=九州国立博物館
2018年7月28日(土)〜9月24日(月・休)=名古屋市美術館
東京新聞の記事[→記事はこちら]
世界中の美術ファンから注目されているスイスの大実業家エミール=ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)が生涯を通じ蒐集したビュールレ・コレクション。本展では、ルノワール、ゴッホ、モネ、セザンヌなどの傑作中の傑作を紹介します。[→詳細はこちら]
 
2018年4月25日(水)〜7月1日(日)=名古屋市美術館
2018年7月14日(土)〜9月24日(月・休)=横浜美術館
東京新聞の記事[→記事はこちら]
モネが最晩年の大作《睡蓮》に着手してから約100年。モネの独創性と革新性は、次世代、そして今日の作家たちに多様なかたちで引き継がれてきた。「印象派の巨匠」、「モダンアートの先駆者」を超えた、新しいモネの魅力を紹介する。[→詳細はこちら]
 
2018年9月29日(土)〜12月9日(日)
パナソニック汐留ミュージアム
パナソニック汐留ミュージアム開館15周年特別展。受難やキリスト像などの宗教主題を多く描いたジョルジュ・ルオー(1871-1958)の芸術の意味と現代性(モデルニテ)を、ヴァチカン美術館やポンピドゥ・センターからの日本初公開作品を含む約90点で紹介する。[→詳細はこちら]
 
2018年10月2日(火)〜11月25日(日)
東京都写真美術館
アジアで活躍する女性写真家を中心に、変容著しい家族やセクシュアリティ、ジェンダーに焦点をあて、アジアの現在の一面を照射する。女性の価値観が様々に変容するアジアのいまを紹介する。[→詳細はこちら]
 
2018年10月6日(土)〜12月24日(月・休)
日本新聞博物館
新聞社の写真部の歴史、仕事、ジャーナリストとしての使命感を東京新聞写真部に焦点をあて紹介する。[→詳細はこちら]
 
2018年10月7日(日)〜11月25日(日)
練馬区立美術館
東京と名古屋を中心に活躍してきた油彩画家の笠井誠一(1932- )の画業をたどる。初期から近作まで、静物画を中心に資料などを含め、約120点を紹介する。[→詳細はこちら]