東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > イベントカレンダー5月

ここから本文

【イベント情報】

5月

美術美術

2017年2月10日(金)〜5月28日(日)
国立西洋美術館(新館2階展示室)
東京新聞の記事[→記事はこちら]
19世紀末から20世紀初めに、デンマークの最北端の漁村スケーエンに集った北欧諸国の画家たちを紹介する展覧会。海辺の風景、漁師たちの労働などの日常生活を描く作品を展示。[→詳細はこちら]
 
2017年2月23日(木)〜4月16日(日)=Bunkamuraザ・ミュージアム
2017年4月22日(土)〜6月4日(日)予定=高知県立美術館
2017年6月10日(土)〜7月23日(日)予定=美術館「えき」KYOTO
2017年7月29日(土)〜8月27日(日)予定=石川県立美術館
東京新聞の記事[→記事はこちら]
幕末明治を生きた絵師・河鍋暁斎(1831-1889)の画業を、世界屈指の暁斎コレクションとして知られる、イスラエル・ゴールドマン氏所蔵作品で振り返ります。[→詳細はこちら]
 
2017年3月19日(日)〜5月7日(日)=宇都宮美術館
2017年5月20日(土)〜7月9日(日)=兵庫県立美術館
2017年7月15日(土)〜9月24日(日)=Bunkamuraザ・ミュージアム
東京新聞の記事[→記事はこちら]
ベルギー・フランドル地域における幻想的な世界を作り出した一連の流れを、15-16世紀のフランドル絵画から現代のコンテンポラリーアート作品まで国内外の作品により紹介。500年にわたる奇想の系譜を約130点の作品でたどります。[→詳細はこちら]
 
2017年4月22日(土)〜6月18日(日)
町田市立国際版画美術館
東京新聞の記事[→記事はこちら]
美術家、小説家としても活躍する横尾忠則の版画に着目。冒険、旅行、エロスなど多彩な鑑賞キーワードを含む作品を通し、横尾芸術の今日的意味について考えます。[→詳細はこちら]
 
2017年4月22日(土)〜6月25日(日)
損保ジャパン日本興亜美術館
1913年開館の同美術館より、ドラクロワ、ミレー、ゴーギャンら17世紀から20世紀の巨匠たち、晩年この地で洗礼を受け、制作も行った藤田嗣治などの作品約70点を紹介。[→詳細はこちら]
 
2017年4月29日(土・祝)〜6月18日(日)
東京ステーションギャラリー
アドルフ・ヴェルフリ(1864-1930)はアウトサイダー・アート/アール・ブリュットの芸術家のひとり。戦前のシュルレアリスムの画家に多くの影響をあたえたヴェルフリの初個展。[→詳細はこちら]
 

スポーツスポーツ

2017年5月6日(土)〜6月10日(土)
和田掘公園野球場ほか
中学生の甲子園と称される「第34回全日本少年野球大会」の東京都代表を決める大会。各支部予選を勝ち上がったチームによる熱戦が繰り広げられます。[→詳細はこちら]
 
2017年5月6日(土)〜11月25日(土)
天神グラウンドほか
元ヤクルトの宮本慎也選手の名を冠した大会。今年で2回目。64チームが参加予定。[→詳細はこちら]
 

大相撲夏場所優勝・三賞力士懸賞クイズ

2017年5月14日(日)〜5月28日(日)
両国国技館
大相撲東京場所恒例の優勝と三賞をあてる懸賞クイズ。
 
2017年5月28日(日)
東京体育館・陸上競技場
シドニー五輪女子マラソンの金メダリスト・高橋尚子さんによるランニング教室。[→詳細はこちら]
 

教養・趣味教養・趣味

表彰式: 2017年3月28日(火)
日本プレスセンター
学校教育を支えている「がんばる先生」を発掘・顕彰し、紙面で紹介する賞です。東京都内の先生方の実践活動報告書を募集し、優れた教育実践10点を選考し、表彰します。[→詳細はこちら]
 
2016年11月30日(水)〜12月4日(日)
サンシャインシティ展示ホールA
新鋭書家の発掘を目的とした全国公募展。[→詳細はこちら]
 
締め切り:2018年1月14日(日)、表彰:2018年2月中旬
東京新聞(中日新聞東京本社)は関東1都6県の小学生・中学生・高校生を対象に、新聞記事を切り抜いて集め、それにコメントや感想などを付けて再構成し模造紙に張り付けた作品を募集し、優秀者を表彰します。[→詳細はこちら]
 
毎回、定員・開催場所が異なります。はがき又はWEBで受け付けます。
問い合わせ先:東京新聞広告局出版・エンタテインメント部 電話:03-6910-2491
東京新聞主催の映画試写会を紹介します。[→詳細はこちら]