東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > イベントカレンダー7月

ここから本文

【イベント情報】

7月

美術美術

2018年2月14日(水)〜5月7日(月)=国立新美術館
2018年5月19日(土)〜7月16日(月・祝)=九州国立博物館
2018年7月28日(土)〜9月24日(月・休)=名古屋市美術館
東京新聞の記事[→記事はこちら]
世界中の美術ファンから注目されているスイスの大実業家エミール=ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)が生涯を通じ蒐集したビュールレ・コレクション。本展では、ルノワール、ゴッホ、モネ、セザンヌなどの傑作中の傑作を紹介します。[→詳細はこちら]
 
2018年4月25日(水)〜7月1日(日)=名古屋市美術館
2018年7月14日(土)〜9月24日(月・休)=横浜美術館
東京新聞の記事[→記事はこちら]
モネが最晩年の大作《睡蓮》に着手してから約100年。モネの独創性と革新性は、次世代、そして今日の作家たちに多様なかたちで引き継がれてきた。「印象派の巨匠」、「モダンアートの先駆者」を超えた、新しいモネの魅力を紹介する。[→詳細はこちら]
 
2018年5月19日(土)〜7月1日(日)
東京ステーションギャラリー
大正ロマンを代表する作家、竹久夢二(1884-1934)の展覧会で昭和40年代から夢二作品の出版事業に尽力した龍星閣が所蔵する書籍の表紙、挿絵などコレクションを紹介。1927年(昭和2年)に都新聞に134回連載された自伝小説「出帆」の肉筆原画を初公開する。[→詳細はこちら]
 
2018年6月2日(土)〜7月22日(日)
東京都江戸東京博物館
東京新聞の記事[→記事はこちら]
全国で毎年約8000件近く発掘調査が実施されていますが、その成果に実際に触れる機会は極めて限られています。その前年度などで特に注目された出土品を中心とした展覧会を全国を巡回することにより、埋蔵文化財に親しみ、その保護の重要性に関する理解を深めることを目的として開催。今回で第24回目。[→詳細はこちら]
 

舞踊・芸能舞踊・芸能

2018年7月7日(土)、8日(日)
メルパルクホール
24組の舞踊家が振付作品を上演します。[→詳細はこちら]
 

スポーツスポーツ

2018年3月17日(土)〜12月1日(土)
大田スタジアムほか
今季からヤクルト・ヘッドコーチに就任する宮本慎也選手の名を冠した大会。今年で3回目。99チームが参加予定。[→詳細はこちら]
 
2018年6月10日(日)〜7月15日(日)
舎人公園野球場ほか
女子学童野球の全国大会「NPBガールズトーナメント」の都代表を決める大会。[→詳細はこちら]
 
2018年6月23日(土)〜7月16日(月・祝)
ダイワハウススタジアム八王子ほか
都内約1,300チーム、約3万人が参加する都内最大規模の学童野球大会。優勝チームは「東京新聞カップ第41回関東学童軟式野球大会」へ出場。[→詳細はこちら]
 
2018年7月1日(日)〜22日(日)
天王洲公園野球場ほか
関東王者を目指す「関東少年軟式野球大会」の都代表を決める大会。[→詳細はこちら]
 
2018年7月21日(土)
立川市泉市民体育館
男子6チーム、女子24チームによる、東京都小学生バレーボールのブロック別グループ戦。[→詳細はこちら]
 

教養・趣味教養・趣味

学校教育を支えている「がんばる先生」を発掘・顕彰し、紙面で紹介する賞です。東京都内の先生方の実践活動報告書を募集し、優れた教育実践(最大10点)を選考し、表彰します。[→詳細はこちら]
 
2018年11月26日(月)〜12月2日(日)
東京都美術館
新鋭書家の発掘を目的とした全国公募展。[→詳細はこちら]
 
締め切り:2019年1月14日(月・祝)、表彰:2019年2月中旬
東京新聞(中日新聞東京本社)は関東1都6県の小学生・中学生・高校生を対象に、新聞記事を切り抜いて集め、模造紙に貼ってコメントや感想などを付けてオリジナルの新聞にする「切り抜き作品」を募集しています。[→詳細はこちら]
 
毎回、定員・開催場所が異なります。はがき又はWEBで受け付けます。
問い合わせ先:東京新聞広告局出版・エンタテインメント部 電話:03-6910-2491
東京新聞主催の映画試写会を紹介します。[→詳細はこちら]