東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > イベントカレンダー9月

ここから本文

【イベント情報】

9月

美術美術

2018年2月14日(水)〜5月7日(月)=国立新美術館
2018年5月19日(土)〜7月16日(月・祝)=九州国立博物館
2018年7月28日(土)〜9月24日(月・休)=名古屋市美術館
東京新聞の記事[→記事はこちら]
世界中の美術ファンから注目されているスイスの大実業家エミール=ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)が生涯を通じ蒐集したビュールレ・コレクション。本展では、ルノワール、ゴッホ、モネ、セザンヌなどの傑作中の傑作を紹介します。[→詳細はこちら]
 
2018年4月25日(水)〜7月1日(日)=名古屋市美術館
2018年7月14日(土)〜9月24日(月・休)=横浜美術館
東京新聞の記事[→記事はこちら]
モネが最晩年の大作《睡蓮》に着手してから約100年。モネの独創性と革新性は、次世代、そして今日の作家たちに多様なかたちで引き継がれてきた。「印象派の巨匠」、「モダンアートの先駆者」を超えた、新しいモネの魅力を紹介する。[→詳細はこちら]
 

舞踊・芸能舞踊・芸能

2018年9月15日(土)
国立劇場
各流派で活躍する家元、名手、新進気鋭の日本舞踊家が華やかな舞台を披露します。[→昨年の詳細はこちら]
 

スポーツスポーツ

2018年3月17日(土)〜12月1日(土)
大田スタジアムほか
今季からヤクルト・ヘッドコーチに就任する宮本慎也選手の名を冠した大会。今年で3回目。99チームが参加予定。[→詳細はこちら]
 

教養・趣味教養・趣味

2018年9月29日(土)
日本プレスセンター10階ホール
橿原考古学研究所創立80周年を記念して、長年にわたって取り組んできた「史跡 飛鳥宮跡」をテーマとしたフォーラムを開催。共催事業に入って、今年が33回目。林部均さん(国立歴史民俗博物館副館長)、鈴木一議さん(奈良県立橿原考古学研究所主任研究員)、鶴見泰寿さん(同指導学芸員)が出演。[→詳細はこちら]
 
学校教育を支えている「がんばる先生」を発掘・顕彰し、紙面で紹介する賞です。東京都内の先生方の実践活動報告書を募集し、優れた教育実践(最大10点)を選考し、表彰します。[→詳細はこちら]
 
2018年11月26日(月)〜12月2日(日)
東京都美術館
新鋭書家の発掘を目的とした全国公募展。[→詳細はこちら]
 
締め切り:2019年1月14日(月・祝)、表彰:2019年2月中旬
東京新聞(中日新聞東京本社)は関東1都6県の小学生・中学生・高校生を対象に、新聞記事を切り抜いて集め、模造紙に貼ってコメントや感想などを付けてオリジナルの新聞にする「切り抜き作品」を募集しています。[→詳細はこちら]
 
毎回、定員・開催場所が異なります。はがき又はWEBで受け付けます。
問い合わせ先:東京新聞広告局出版・エンタテインメント部 電話:03-6910-2491
東京新聞主催の映画試写会を紹介します。[→詳細はこちら]