神奈川 座間ニュースターズ小刻みに得点・投打かみ合うタカハシスポーツ

1点を争う好ゲームが続いた神奈川大会

 地区予選を勝ち抜いた24チームが参加した県大会。決勝では座間ニュースターズ(座間市)が7−5でタカハシスポーツクラブ(小田原市)を破り、初優勝を果たした。

 座間は1回戦から、小刻みに安打を重ねる試合を展開。主戦で長打力が持ち味の湯田投手が投打の要。重い速球が魅力で、試合終盤でも力を維持できる。主将の篠塚は小柄だが三塁手として堅実な守備を見せ、チームをまとめる。角方和利監督代理は「失策を減らし、まずは一勝したい」と意気込みを見せる。

 準優勝のタカハシは11年ぶりの関東大会出場。準決勝まで投打がかみ合い、全日本学童軟式野球県大会の優勝チームを破るなど、つながりと長打力のある打線で勝負を決めてきた。「後半に追い上げて、逆転する力がある」と高橋行雄監督。


メンバー表(◎は主将。○数字は学年)

座間ニュースターズ
<神奈川県座間市>

【監督】篠塚 寿郎
【コーチ】角方 和利
 〃 高木  豊
投◎篠塚 典幸(6)
〃 湯田 良太(6)
捕 赤羽 竜空(6)
内 村上  竜(6)
〃 高木  駿(6)
〃 狩野 佑弥(6)
外 栗村  健(6)
〃 赤羽 穂鷹(6)
〃 石塚 優太(6)
〃 柏木 瑛太(6)
〃 竹原臣汰朗(6)
〃 川村 大介(6)
〃 近藤 陽太(5)
〃 吉川  礼(5)
〃 瀬間 魁斗(5)





タカハシスポーツクラブ
<神奈川県小田原市>

【監督】高橋 行雄
【コーチ】松本 美男
 〃 広瀬  彰
投◎後藤 雅博(6)
捕 吉野 航介(6)
内 渡辺  駿(6)
〃 重光 俊介(6)
〃 諸星 大弥(6)
〃 山本 佑河(6)
〃 高橋 航平(5)
〃 永井 智晴(5)
〃 倉本  玄(5)
〃 広瀬 大紀(5)
〃 柳下 基侃(5)
〃 山口 公也(6)
外 小川 千里(6)
〃 平田  諒(6)
〃 天野 隼也(6)
〃 高木啓一郎(6)
〃 黒川 一樹(6)
〃 足立 拳悟(6)
〃 谷神 豪也(6)
〃 剣持  築(6)


閉じる