学童軟式野球
東京新聞
東京中日スポーツ
  トップ 東京都知事杯争奪 県大会 その他の大会
  神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城 山梨 <<県大会トップ
■2008年 埼玉県大会 <<前のページへ
=大会日程・会場=
7月26〜8月3日
さいたま市営球場ほか
=試合結果=

8月1日


7月26日7月27日7月29日7月30日7月31日8月1日

美谷本が新座破りV
県学童軟式野球初回4点、流れつかむ

ブロックをかいくぐって生還する美谷本ファイターズの小峰光希選手(左)=県営大宮公園野球場で

 第31回県学童軟式野球大会兼ガスワンカップ埼玉選手権(県野球連盟主催、東京新聞協賛)の決勝が一日、県営大宮公園野球場であり、戸田市の美谷本ファイターズが7−3で新座選抜を破り優勝した。両チームは今月二十一日に宇都宮市で開幕する関東大会に出場する。

 美谷本は初回、菅原篤人選手(六年)や今野拓実選手(五年)の適時打などで一挙に4得点し、試合の流れをつかんだ。三回にも四球を足掛かりに1点を追加。終盤の六、七回にも盗塁や犠打などを駆使して得点を重ね、追いすがる新座選抜を振り切った。遠藤和投手(六年)は今大会の全6試合を完投した。

 新座は、折笠佑将選手(六年)が4安打するなど、美谷本を上回る11安打を放ち、四回には鮮やかな3連打で2点を返したが、好機でのもう一本が出なかった。

 試合後、美谷本の杉江正広コーチは「初回から、足を使い、敵失を見逃さない野球ができた。関東大会では一つでも多く試合をしたい」と話し、新座の大内勝蔵監督は「今日は残念だったが、打ち勝つ野球を目指したい」と語った。 (井上仁)


▽決勝

美谷本ファイターズ
4010011|7
0002100|3
新座選抜

(美)遠藤−菅原
(新)斉藤、太田−加藤海
▽二塁打 武冨(美)斉藤、三上、折笠、小須田(新)

(2008年8月2日・東京新聞埼玉県版)

↑このページのトップへ

 
Copyright (C)The Chunichi Shimbun, All Rights Reserved.
本ページ内に掲載の記事・写真などの一切の無断転載を禁じます