東京 ピープルズ強力打線 堅守とつなぎインディアンス

ジュニアピープルズが大会初出場で頂点に立った東京大会

 62チームが参加した都大会は、初出場のジュニアピープルズ(江戸川区)が優勝し、上位初進出の諏訪インディアンス(多摩市)が準優勝して、それぞれ関東大会出場を決めた。

 ピープルズは力強い攻撃、インディアンスは堅守とつなぎの野球。決勝はピープルズの勢いが勝り、コールド決着となった。


メンバー表(◎は主将。()内数字は学年)

ジュニアピープルズ
<東京都江戸川区>

渡辺太主将が安定した投球でゲームをつくり、池田捕手の力強い打撃がチームに勢いをつける。活気あふれるベンチも魅力だ。

【監督】渡辺 克美
【コーチ】野沢 栄次
 〃 渡辺 一男
投◎渡辺 太樹(6)
〃 渡辺 力哉(4)
捕 池田 瞳夢(6)
〃 志摩 洋太(4)
内 風間 凱仁(6)
〃 野沢 達也(6)
〃 高橋 奎亮(5)
〃 矢口 快生(4)
外 大類 光貴(5)
〃 鈴木 大誠(5)
〃 成瀬 嘉明(5)
〃 川内 海翔(5)
〃 大塚 滉也(5)
〃 三村 健太(5)
〃 歩瑳胤サニーラ(5)
〃 成瀬 幸二(4)

諏訪インディアンス
<東京都多摩市>

 堅守でリズムをつくり一球必打のシュアな打撃でつなぎ得点に結び付ける。都大会を勝ち抜き精神的にもたくましさを増している。

【監督】川田 伸一
【コーチ】井出  学
 〃 大久保俊次
投 鵜足 拓海(6)
捕◎草場 健太(6)
内 川嶋 雄大(6)
〃 木島 遼太(6)
〃 川田 敬士(6)
〃 菊地 博大(5)
外 熊切  翼(6)
〃 横山 菜実(5)
〃 大久保脩也(6)
〃 井出  樹(5)
〃 松尾 啓斗(5)
〃 菅  康熙(5)
〃 兵動 巴哉(5)




閉じる