学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2009年 > 関東大会予選 > 千葉 > 記事

ここから本文

【千葉県大会】

初出場の白子がサヨナラで優勝

2009年7月26日

 第32回関東学童軟式野球県大会(県野球協会主催、東京新聞・東京中日スポーツ後援)は二十五日、市原市の市原臨海球場で準決勝と決勝の3試合が行われ、決勝は白子ジュニアサンダースが4−3で浦安キングスターにサヨナラ勝ちした。

 準決勝をともに5−0で勝った白子と浦安の決勝は、白子が序盤に3点を挙げ逃げ切りを図ったが、浦安が最終回に脅威の粘りを見せ同点に追いつく。白子はその裏、1死三塁から9番の鏡隆一主将が中前にサヨナラ打を放ち、県大会初出場で初優勝の栄冠を勝ち取った。

 白子の鏡主将は「一戦一戦を大事に戦ってきた結果です。関東大会でも全力で戦い優勝します」と喜びと抱負を語った。 (藤田栄二)

 ▽準決勝

佐倉ビクトリー(佐倉市)

0000000―0

110120x―5

浦安キングスター(浦安市)

泉谷メッツ(千葉市)

0000000―0

011012x―5

白子ジュニアサンダース(白子町)

 ▽決勝

浦安キングスター

0000003―3

1020001x―4

白子ジュニアサンダース

 

この記事を印刷する