学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2009年 > 関東大会予選 > 埼玉 > 記事

ここから本文

【埼玉県大会】

川口東が逆転V 県学童野球決勝

2009年8月1日

土壇場の7回、同点の本塁を踏んだ川口東クラブの松原弘大選手(中)=さいたま市営岩槻川通公園野球場で

写真

 第32回県学童軟式野球大会兼第4回ガスワンカップ埼玉選手権(県野球連盟主催、東京新聞協賛)の決勝が三十一日、さいたま市の市営岩槻川通公園野球場であり、川口東クラブが大宮クラブに6−3で逆転勝ち、優勝を決めた。両チームは八日に水戸市で開幕する関東大会に出場する。

 川口東は1点を追う土壇場の七回、先頭の松原弘大選手(六年)が四球で出塁すると、伊藤傑選手(同)の左前適時打で同点に追いついた。その後も相手のミスなどに乗じて、合計で一気に4点を挙げ大宮を突き放した。

 川口東の並木広明監督は「全員の力でつかみ取った優勝です」と笑顔。大宮の朝比奈敬典監督は「川口東の投手は素晴らしかった」と話した。 (山口哲人)

 ▽決勝

川口東クラブ

0200004―6

0020100―3

大宮クラブ

【川】松本、伊藤慶、城処−加藤

【大】沼尻、栗林、長岡−衛藤、山崎

▽二塁打 伊藤傑、伊藤慶(川)

 

この記事を印刷する