学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2010年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

<愛知>安城中央8強逃す 反撃届かず惜敗

2010年8月18日

城南ファイヤーズ−安城中央クラブ 4回裏安城中央クラブ無死三塁、沢井選手のスクイズで生還する笠間選手=神宮球場で

写真

 第三十回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント=東京新聞(中日新聞東京本社)など主催=に県代表として出場した安城中央クラブ(安城市)は、大会三日目の十七日、神宮球場で八強を懸けた三回戦で城南ファイヤーズ(群馬)に2−4で惜敗し、大会を終えた。

 安城中央は四回、三塁打の笠間裕貴主将を沢井俊介選手のスクイズでかえして先制したが、五回に連打で逆転を許し、六回にも追加点を奪われた。最終七回には上田大地選手の三塁打などで1点を返したが、届かなかった。

 チーム創立三十年目で初めて出場した大舞台。一回戦は柳津ビックパワーズ(宮城県)を4−3で破り、二回戦は宮之城野球スポ少(鹿児島県)に9−2で快勝した。

敗退が決まり、肩を落としてベンチに引き揚げる安城中央クラブナイン

写真

 沢井秀明監督は「よく頑張った」と選手らをねぎらい「きょうも、こちらにミスはなかった。相手が上でしたよ」と勝者をたたえた。笠間主将は「これからまだ、大会がたくさんある。全国での経験を生かして頑張りたい」と話した。

(中日新聞西三河版より)

 

この記事を印刷する