学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2010年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

<東京>レッドサンズ8強ならず

2010年8月18日

五十市タイガース−レッドサンズ 2回表のピンチを切り抜け盛り上がるレッドサンズナイン=神宮球場で

写真

 第30回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催)大会3日目は十七日、神宮球場などで3回戦8試合を行い、東京第一代表のレッドサンズは五十市タイガース(宮崎)に大敗を喫し、8強入りはならなかった。

 一回、連続四死球と守備のミスが重なり、1安打で4点を献上したレッドは、二回に4番・近松虎宇太選手の中越え二塁打と6番・田辺龍一選手の適時打で1点を返したが、以降は相手の好守にも阻まれリズムをつかむことができず、逆に六、七回に追加点を奪われた。

 レッド・古川雅晴監督は「こちらのやりたかった野球を、されてしまった感じです」と、ノーミスの相手チームに称賛を送った。

 開会式では堂々の選手宣誓も行った飯塚宙主将は「いい緊張感の中、集中して戦えた」、この日2安打の主砲・近松選手は「神宮でみんなと試合ができてよかった」と、それぞれに手応えを得た様子だった。

 

この記事を印刷する