学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2012年 > 東京都知事杯争奪 > 記事

ここから本文

【東京都知事杯争奪】

若葉台F連続コールド勝ち

コールド勝ちに喜ぶ若葉台フレンズナイン=滝ガ原運動場で

写真

 都知事杯争奪・第35回東京都学童軟式野球大会(都軟式野球連盟、東京中日スポーツ・東京新聞主催)は7日に八王子市民球場で開幕、8日までに1、2回戦35試合が行われた。同球場と同市滝ガ原運動場では、雨天中止になる試合もあったが、梅雨空を吹き飛ばす、白熱した戦いが繰り広げられた。

◆4回猛攻8得点!

 ▽2回戦から

若葉台F9−1川口Jr.A

 若葉台フレンズ(稲城)は初戦で西浮間イーグルス(北)にコールド勝ち。2回戦の川口ジュニアーズA(八王子)戦でも4回に打者一巡の猛攻で8点を奪うなど5回コールドで勝利し、初のベスト16に進出した。

4回に一挙8点を奪って試合を決めた若葉台フレンズ

写真

 逆転打の右翼手・村井亮太君は次につなげる気持ちで打席に入り「プレッシャーはあったけど、芯でうまくとらえられた。打ててサイコー!」。緩急をつけ川口打線を4回1失点に抑えた先発左腕・高田陸斗君は「守備がキッチリ守ってくれると思っていたし、しっかり抑えられた」と振り返った。自らスクイズを決めるなど、攻撃でも勝利に貢献。「次もチームワークで勝ちたい」と気を引き締めていた。

 川口の好投手・木代成君も打ち崩した勝利に、高田照之監督も「調子がいいのでやってくれると思っていたが、ここまで点差が開くとは」とビックリ。「欲張らないで、勢いに乗っていきたい」と、好調打線でチーム記録を伸ばすつもりだ。

◆川口ジュニアーズ 先制も追加点が…

 川口ジュニアーズAは先制したものの、追加点が奪えず悔しい逆転負け。連投となったエース右腕・木代成君は「相手打線も良かったけど、自分の投球ができず情けない」と、疲労から球が走らずガックリ。「負けはしたけど、強豪との対戦はいい勉強になりました」と淡々。我妻利明監督は「エースが打たれたのならしょうがない。この負けを肥やしにして、また練習」と、さらなるレベルアップを目指す。

 ▽1回戦

レッドサンズ(文京)3−2六郷ペガサス(大田)

南秋留ゴールドイーグルス(あきる野)17−8元町サンデーズ(大島)

西小岩フェニックス(江戸川)5−4オンワーズ(渋谷)

元加賀A(江東)16−3向島ビーバーズ(墨田)

木根川レッズA(葛飾)7−6狛江三小ウインズ(狛江)

若葉台フレンズ(稲城)11−1西浮間イーグルス(北)

川口ジュニアーズA(八王子)2−1高島エイトA(板橋)

諏訪インディアンズ(多摩)7−1大塚スネイクス(豊島)

沓掛野球クラブA(杉並)9−2南勝ホークス少年野球部(練馬)

瑞穂ベアーズ(瑞穂)7−4コンバッツ(中野)

国立ヤングスワローズA(国立)5−3連雀スパローズA(三鷹)

レッドスワローズ(町田)3−2四谷スワローズ(府中)

新町ライオンズ(青梅)8−1下馬東クラブA(世田谷)

小作台野球クラブ(羽村)8−6東伏見ファイターズ(西東京)

緑小ユニオンズA(小金井)10−6ヤングジャイアンツ(福生)

池雪Jr.ストロングA(大田)8−2本村クラブ(港)

落三ジュニアファイターズ(新宿)7−2フェニックス(台東)

立川レイズ(立川)8−7ユニバース(武蔵野)

小平スネークス(小平)8−3久米川ファイターズ(東村山)

葛飾アニマルズA(葛飾)7−0杉並ホワイトベアーズ(杉並)

キングス(足立)9−6深川パイレーツ(江東)

不動パイレーツ(目黒)7−3葛西ファイターズA(江戸川)

荒川コンドル(荒川)9−0お茶の水スリーアローズ(千代田)

西大井ウインズ(品川)13−1四小ファイターズ(府中)

杉森クラブ(調布)12−5昭島ヤングライオンズ(昭島)

山野レッドイーグルスA(世田谷)7−0国分寺キングス(国分寺)

中村ウインズ(練馬)11−9板橋ドリームズA(板橋)

山崎ステイヤーズA(町田)14−10つくしシャークス(八王子)

グレートベアー(武蔵村山)7−4百草台フェニックス(日野)

梅田ヤングスターズ(足立)5−4クラウン(東久留米)

清瀬ヒーローズ(清瀬)8−1有馬スワローズ(中央)

 ▽2回戦

ジュニア・ヤンガース(前年度優勝)3−1レッドサンズ(文京)

西小岩フェニックス(江戸川)10−0南秋留ゴールドイーグルス(あきる野)

木根川レッズA(葛飾)7−6元加賀A(江東)

若葉台フレンズ(稲城)9−1川口ジュニアーズA(八王子)

(東京中日スポーツ)

 

この記事を印刷する