学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2015年 > 東京都知事杯・女子 > 記事

ここから本文

【東京都知事杯・女子】

足立死闘制す 品川一丸勝利 決勝進出&全国切符

タイブレークで勝利した足立フェアリー=足立区の舎人公園野球場で(ともに都丸満撮影)

写真

 東京都知事杯第4回都女子学童軟式野球大会エリエールトーナメント(都軟式野球連盟、東京中日スポーツ・東京新聞主催)は12日、足立区の舎人公園野球場で4回戦2試合と準決勝が行われ、足立フェアリーはレディース立川を10−9で、品川レディースは大田フェアリーズを12−6で破り決勝進出を決めた。足立と品川は、8月8日に東京ドームで開会式が行われ、翌9日から、さいたま市などで熱戦が始まる全国大会(NPBガールズトーナメント)の出場権を獲得した。 (都丸満)

◆タイブレークでサヨナラ

 足立フェアリーが、レディース立川との死闘を制し全国切符を獲得した。2−2で迎えた2回表、4被安打と失策が絡み4点を献上する苦しい展開となった。しかし、3、4回に2点ずつを加え同点に追い付くと、5回1死二、三塁の場面で尾羽しおりさんが走者一掃の中前打、自身も捕逸の間に生還し逆転に成功した。が、最終6回、粘りを見せた立川に同点に追い付かれ、無死満塁から始まるタイブレークに持ち込まれた。

 だが、波に乗った足立は止められなかった。1死後、左中間に上がった飛球を中堅・明石日陽里さんが好捕。飛び出していた二走を補殺し無失点で乗り切った。攻撃でも、1死後、江川真鈴さんがフルカウントから外角の球を、「カットしようとしたら芯に当たった」という自身も「ビックリ」の打球が値千金の中前打となり決した。

 「エラーから失点したので内野を代え切り替えた」と小林均司監督。流れが変わり同点に追い付いたときに「勝てる」と確信したという寺山好笑主将。「前回より強い」というナインで2年ぶり2度目の頂点に挑む。

◆穂積さん適時二塁打!三塁打!!

2年連続全国大会出場を決めた品川レディース

写真

 品川レディースは1回表2死三塁、捕逸で先制を許したが、裏の攻撃で5四球と敵失が絡み3得点、さらに2死一、三塁の場面で穂積咲良さんの2点二塁打で計5点を奪い逆転し流れを引き寄せた。「ゼロだったら流れが変わっていたかも」(関根大悟監督)という3回に大きな1点。4、5回には5失点したものの、直後の攻撃で森花楓さん、穂積さんの三塁打などで、3点ずつ奪った。最終6回は、5回途中から継投した松平友希奈さんが3人で打ち取り逃げ切った。

 「いつもよりエラー少なかった」と櫻庭照叶主将。それに加え「暑かったけど、ベンチの中で控え選手がうちわであおいでくれたから」と全員で勝ち取った2年連続2度目の全国切符にニッコリ。昨年逃した「都知事杯」を目指す。

 ▽4回戦

足立フェアリー(足立)17−1オール葛飾(葛飾)

レディース立川(立川)14−0江戸川エンジェルス(江戸川)

 ▽準決勝

足立フェアリー10−9レディース立川

品川レディース(品川)12−6大田フェアリーズ(大田)

(東京中日スポーツ)

 

この記事を印刷する

PR情報