東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > がんばれ先生!東京新聞教育賞 > 応募要項

ここから本文

がんばれ先生!東京新聞教育賞

募集の趣旨

 昨今の学校教育を取り巻く社会一般の目には、まことに厳しいものがあります。
 こうした状況の背景には、学校の先生の教育活動に取り組む姿勢に起因するものもありますが、一方では子どもたちの教育に真摯に取り組み、「生きる力」の育成に尽くしている多くの先生方の実像が、社会一般に十分伝わっていないという面も見逃すことができません。
 このようなことから東京新聞では、東京都における学校教育のさまざまな場面において優れた教育活動を実践し、子どもたちの成長・発達に寄与している先生の実践活動を募集するとともに、それを広く顕彰・発表することによって、先生自身の更なる成長と学校教育の充実・発展を願い、本賞を制定するものです。

第20回応募要項
実施要領 [1] 応募資格
  • 本賞は、東京都内のすべての幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、高等専門学校、特別支援学校等に勤務する、現職教員の個人またはそのグループを対象とします。ただし、管理職は除きます。

[2] 対象となる実践活動
  • タイトル・サブタイトルは、自由としますが、社会や学校を取り巻く状況の変化を念頭に置き、次のような事柄に関する実践活動での工夫や体験、その成果などを述べていただくとともに、それを今後の教育活動にどう生かしていくかについても論述した「実践活動報告書」として提出していただきます。

  • (1)授業の実践における工夫・改善とその成果に関するもの

  • (2)生活指導や学級運営の実践における工夫・改善とその成果に関するもの

  • (3)教育相談の実践における工夫・改善とその成果に関するもの

  • (4)新たな教材の開発実践に関するもの

  • (5)学校と家庭や地域との連携・協力による教育活動実践に関するもの

  • (6)その他、教育活動に関するもの

[3] 応募規定
  • (1)本文は3200字以内に収めてください。

  • (2)パソコン等使用の場合は、本文、図表、資料、写真をあわせてA4判5枚以内に収めてください。手書きの原稿に資料類を添付する場合は、本文を除きA4判2枚以内に収めてください。

  • (3)実践活動報告書は1人または1グループにつき1件とします。

  • (4)実践活動報告書には必ずタイトルを付けてください。

  • (5)実践活動報告書は原則として、未発表のオリジナルなものとし、以下に該当する報告書は審査の対象外とします。
    ・過去に東京新聞教育賞並びに他の教育賞などに入賞したものや、その続編に類するもの
    ・東京新聞教育賞以外の賞と重複して応募した論文
    ・「校内研究」として行った実践に関する論文
    ただし、過去に受賞歴がある方でも受賞したテーマと異なるものに関する報告書、また過去に落選したテーマと同一であっても、改定の上、再応募する報告書は審査の対象とします。

  • (6)400字程度の内容の概要を添付してください。内容の概要は、実践活動報告書の字数には含みません。

[4] 応募形式
  • (1)提出する実践活動報告書及び資料は、すべてA4判とします。

  • (2)パソコン等使用の場合は、A4判の紙に印字したものに、CD・DVD等のデータ(ウィンドウズ版の一太郎・ワード)を添えて提出してください。

  • (3)手書きの場合は、市販の400字詰め原稿用紙を使用し、A4判にコピ−して提出してください。

  • (4)応募用紙に必要事項を記入の上、所属する学校長の確認として、所定欄に学校長の記名・押印(私印)を得て、実践活動報告書と同封してお送りください。
    応募用紙は、教育賞ホームページから印刷するか、事務局へ請求してください。

[5] 論文提出締切
  • 平成29年10月20日(金)必着

[6] 表彰
  • 教育賞(10件) 賞状及び副賞(賞金20万円と賞品)

[7] 教育賞の審査及び発表
  • (1)審査委員が、提出された「実践活動報告書」について厳正な審査を行います。

  • (2)2月中旬〜下旬に、受賞候補者の実践活動について東京新聞が取材し、受賞者を決定します。

  • (3)3月上旬頃、東京新聞が、審査の結果を東京新聞の紙面ならびにHP上において発表するとともに、受賞者に個別に連絡します。

  • (4)3月中旬以降に、東京新聞が、受賞者の実践活動内容を東京新聞の紙面ならびにHP上において紹介します。

  • (5)3月下旬に、東京新聞が、受賞者を招き授賞式を開催します。

[8] 審査委員
  • 審査委員長 東京新聞

  • 審査委員 東京新聞

  •   〃    (公財)日本教育公務員弘済会東京支部

  •   〃    東京都公立幼、小、中、高、特別支援学校の各PTA協議会(連合会)

  •   〃    東京都公立幼、小、中、高、特別支援学校の校(園)長会

  •   〃    (公社)東京都教職員互助会

  •   〃    東京都教育委員会

その他

[1] 本賞への応募を希望される方は、締切期日までに、直接、下記事務局宛に郵送してください。

〔事務局〕
〒100-8505  東京都千代田区内幸町2-1-4
東京新聞事業局文化事業部「がんばれ先生!東京新聞教育賞」係 宛
TEL:03-6910-2345 FAX:03-3503-1438

[2] 実践活動報告書及び資料(電子データを含む)は原則として返却いたしません。

[3] 審査に関する問い合わせには一切応じられません。

[4] 本賞についてのお問い合わせ等は、上記事務局までお願いします。

主催者等

[1] 主催

  • 東京新聞

[2] 後援

  • 東京都公立幼稚園・こども園PTA連絡協議会

  • (一社)東京都小学校PTA協議会

  • 東京都公立中学校PTA協議会

  • 東京都公立高等学校PTA連合会

  • 東京都特別支援学校PTA連合会

  • 東京都教育委員会

  • 東京新聞社会事業団

[3] 協賛

  • (公財)日本教育公務員弘済会東京支部

  • (公社)東京都教職員互助会

[4] 協力

  • 東京都国公立幼稚園・こども園長会

  • 東京都公立小学校長会

  • 東京都中学校長会

  • 東京都公立高等学校長協会

  • 東京都立特別支援学校長会