東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 東日本大震災 > 東日本大震災3年

ここから本文

【特集・連載】

東日本大震災3年

【遠い廃炉 リスク綱渡り】

 東京電力福島第一原発事故は、発生から三年たっても、汚染水漏れなど目先のトラブルに追われ、廃炉への明確な道筋は見えない。いまだ十四万人近くにのぼる福島県民が不自由な避難生活を強いられ、放射能汚染も首都圏にまで広く残る。そんな状況にはお構いなしとばかり、原発再稼働への動きが強まっている。 (原発取材班)

福島第一原発 福島第一原発

【2014.3】 現在の福島第一原発。4号機では使用済み核燃料の取り出しが始まり、護岸には高濃度汚染水が海に流出するのを防ぐため、無数の太い鋼管を打ち込む海側遮水壁の建設が進む=4日、福島県大熊町で、本社ヘリ「おおづる」から

【厳しい住環境】

【癒えない傷痕】