東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞フォーラム > 次回のお知らせ

ここから本文

【東京新聞フォーラム】

「童謡100年〜唱歌・童謡の文化を次の世代へ」

 児童雑誌「赤い鳥」の創刊100年にちなみ、今年は「童謡100年」と呼ばれる。多くの人びとに夢や希望、安らぎを与えた「唱歌」「童謡」の素晴らしさを講演と演奏会を通じて発信し、次世代の子どもたちに歌い継ぐ。

日時

2018年8月23日(木) 13:30 開演(13:00 開場)〜15:45 閉演(〜16:00 物販終了)

会場

日本橋公会堂(〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1)

【交通】

■東京メトロ:半蔵門線「水天宮前」駅 6番出口から徒歩2分 日比谷線「人形町」駅 A2出口から徒歩5分 東西線「茅場町」駅 4−a出口から徒歩10分

■都営地下鉄:浅草線「人形町」駅 A3・A5番出口から徒歩7分

■中央区コミュニティバス(江戸バス):北循環25「日本橋区民センター」下車0分

ゲスト

海沼実さん

海沼実(かいぬま みのる)さん 〔作曲家・音楽教育家〕

1972年東京都生まれ。「みかんの花咲く丘」「里の秋」などの作曲を手掛けた海沼實を祖父に、童謡歌手の川田正子・孝子姉妹を伯母にもつ。作曲家として欧州で活躍するほか、唱歌童謡継承運動の旗手として各地で講演活動や執筆、大学講師なども務める。

松島トモ子

松島トモ子(まつしま ともこ)さん 〔女優・歌手〕

1945年旧満州生まれ。3歳からバレエを始め、阪東妻三郎の目に留まり芸能界デビュー。子役、女優として数多くの映画に主演したほか、53年には「村の駅長さん」で童謡歌手としても注目を浴び国民的少女スターとなる。現在もテレビやCMなどで活躍。

プログラム

レクチャー&コンサート

第1部

講師:海沼実さん

第2部

ゲスト:松島トモ子さん、音羽ゆりかご会

定員

400人(聴講無料、事前応募制)

お申し込み(インターネット・はがき)

インターネットでのご応募

お申し込みはこちら

【締切】2018年7月23日(月)

はがきでのご応募

はがきに以下の内容をご記入のうえ、下記あて先までお送りください。
代表者の(1)氏名(2)郵便番号(3)住所(4)性別(5)年齢(6)電話番号(7)同行者(2人まで)の氏名・年齢
〒100-8505(住所は記入不要)
東京新聞 出版・社会事業部「フォーラム 童謡」係

【締切】2018年7月23日(月)必着

※普通はがき1枚につき3人までの応募とさせていただきます。
※小学生以下の参加は、保護者同伴となります。
※事前応募制。応募多数の場合は抽選とし、当選者の方のみに、聴講券を発送します。
※聴講券をお持ちでない方は入場いただけませんので、ご注意ください。

主催

東京新聞

協力

音羽ゆりかご会

お問い合わせ

[東京新聞 出版・社会事業部]

電話03(6910)2525
※土・日・祝日を除く平日10:00〜18:00