平和の俳句 2015-2017年

トップ > 平和の俳句 > 入選作品一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

入選作品

戦争の悪夢忘れて七十年

2015年1月29日

 立松 誠蔵(85) 名古屋市名東区

 <金子兜太>「悪夢」が言えそうで言えない。言われてみれば、そうだったのだと頷(うなず)く人が多いはずだ。悪夢として日常に纏(まとわ)り付いていた戦争。