平和の俳句 2015-2017年

トップ > 平和の俳句 > 入選作品一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

入選作品

丁寧に生きて八月十五日

2015年8月16日

 市橋富士美(54) 愛知県一宮市

 <金子兜太>敗戦後の日々を丁寧に生きてきた。五十四歳の自分にはそれが供養。

 <いとうせいこう>毎日毎日が平和の一日であり、丁寧にそれをつなげていくべき時間。