平和の俳句 2015-2017年

トップ > 平和の俳句 > 入選作品一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

入選作品

夜明け前ふっと浮かぶ詩に床を蹴り

2017年12月26日

 木内鈴江(92) 愛知県新城市

 <鴻巣(こうのす)友季子>浅い眠り。安寧の床で禍々(まがまが)しい詩がおりてきて思わず足が動いたのか、言葉が浮かびながら書き留める紙も筆もなく悶(もだ)える戦地を想ったか。