東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > アーカイブ2010

ここから本文

【特集・連載 アーカイブ2010】

■■ 更新を終了した特集の保存ページです。■■

 政権交代後初の本格的な国政選挙は、民主党が惨敗。消費税引き上げ発言や「政治とカネ」の問題で有権者の支持を得られなかった。国会は再び、衆参両院の与野党の多数派が異なる「ねじれ」状態に。

 

 政権交代後、迷走が続く高速道路政策。無料化と建設の“二兎(にと)”を追い続ける果てに、新たな巨額の国民負担の恐れはないのか。迷走の舞台裏を探り、道路のあるべき姿を考える。

 

 全国的にも大きな話題になりながら、その後、報道されなくなるニュースがある。首都圏で気になるニュースの「その後」を追う。

 

 政権交代でダムや道路の建設見直しが次々と打ち出されている。中止の効果に期待が集まる一方で、地域や景気への悪影響を懸念する声は根強い。公共事業はどうあるべきかを問う。

 

 身近な存在でありながら、知られざる「達人」。あなたの周りの意外な「プロ」「エキスパート」を紹介する。

 

 3月12日(日本時間3月13日)から21日にかけて行われたバンクーバーパラリンピック。日本からはアルペンとノルディック、アイススレッジホッケー、車いすカーリングの全競技に計42人が出場。選手たちの活躍を伝える。

 

 2月12日(日本時間2月13日)から28日にかけて行われたバンクーバー冬季五輪。雪と氷の大舞台に挑んだ選手たちの活躍を紹介。

 

 感染が拡大する新型インフルエンザ。ワクチン接種は? 家庭や会社での対応は? 新型インフルに関する最新情報を掲載。

 

 二〇一〇年が明けた。政権交代が実現した〇九年は、自民党中心の五五年体制が崩れ、右肩上がり、大量消費、そして米国一辺倒の外交という戦後日本で続いた「常識」が通用しなくなった一年だった。今、私たちは新しい価値観を見いだしパラダイムシフト(価値観の大転換)を図る時に来ている。一〇年は、常識革命の年。この連載では、その先達となる取り組みを紹介していきたい。

 

特集・アーカイブ一覧