東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > アーカイブ2012

ここから本文

【特集・連載 アーカイブ2012】

■■ 更新を終了した特集の保存ページです。■■

 東日本大震災後、初めての大型国政選挙となる第46回衆院選は12月16日、投開票が行われ、自民党が単独過半数を確保。公明党と3年ぶりに政権復帰することになった。一方、民主党は50議席台の惨敗を喫し、2大政党の体制が崩れた。

 

 東京都の石原慎太郎前知事の辞職に伴う都知事選は12月16日、投開票され、元副知事で作家の猪瀬直樹氏(66)が初当選した。13年半の石原都政の継承か転換かが最大の争点で、後継指名された猪瀬氏が幅広い支持を得た。

 

 東京新聞「原発事故取材班(現原発取材班)」が第60回菊池寛賞を受賞した。本紙の受賞は、ロッキード事件の裁判報道「裁かれる首相の犯罪」(1982年)以来、2度目。

 

 7月25日から8月12日までロンドンで開催された夏季五輪。過去最多の38のメダルを獲得した日本選手団の活躍を中心に紹介。

 

 群馬県高崎ジャンクションから、栃木県で東北道を一部通り、ひたちなかインターチェンジまでの約百五十キロを結んだ北関東道が開通して五百日。関越、東北、常磐の自動車道がつながり、三県がグッと近くなった。この夏、お薦めのスポットを走ってみた。

 

 東日本大震災で被災者の希望となった岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」。同じように災難を乗り越えてきた木々を、都内に訪ねた。

 

 栃木県内には「見る」「食べる」「体験する」をテーマに、地域の食や歴史、文化に触れることができる「とちぎ『食』の回廊」がある。「行ぐべ!」の掛け声とともに、十カ所の街道を記者が歩いてみた。

 

 スイスで1月に開催された世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」で、俳優の渡辺謙さんがスピーチに立ち、各国から寄せられた東日本大震災の被災地支援への深い感謝と立ち上がる決意を語るとともに、原子力から再生エネルギーへの転換を訴えた。

 

特集・アーカイブ一覧



ピックアップ
Recommended by