文字サイズ

 戦後最低の投票率となった十六日の衆院選は、自民党が定数(四八〇)の六割を超える二百九十四議席を確保する圧勝で終わった。しかし小選挙区で自民党候補の名を書いたのは全有権者の約四分の一、比例代表に至っては15・99%だった。(2012年12月18日) [→記事全文へ]

 
0

民主

57 (30)

国民新

1 (0)

自民

294 (57)

維新

54 (40)

公明

31 (22)

みんな

18 (14)

未来

9 (7)

共産

8 (8)

社民

2 (1)

大地

1 (1)

日本

0 (0)

改革

0 (0)

諸派

0 (0)

無所属

5 (0)