文字サイズ

埼玉ニュース

自民が4人除名処分 県議ら 維新などから出馬で

 自民党県連は二十八日の党紀委員会で、衆院選に出馬予定で離党届を提出していた県議ら四人について、最も重い除名処分にすることを決めた。

 四人は、「日本維新の会」の公認を受けて出馬予定の県議谷古宇(やこう)勘司氏、元衆院議員の並木正芳氏、元県議の鈴木義弘氏と、無所属で出馬予定の元県議森田俊和氏。

 県連によると、いずれも離党届を既に提出していたが、四人が衆院選に出馬する態度を明らかにしたため、「自民に敵対する行為」として処分したという。