東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > アーカイブ2014 > 東京都知事選2014

ここから本文

東京都知事選2014

ここから本文
東京都知事選2014
ここから本文

舛添氏が初当選 原発即ゼロには難色

 東京都の猪瀬直樹前知事の辞職に伴う知事選は九日、投開票され、無所属で新人の元厚生労働相、舛添要一氏(65)が初当選した。「原発」「暮らし」をめぐり、日本が岐路に立つ中での首都決戦。舛添氏は勝利宣言で「原発依存体質を少しずつ減らすのは重要だが、国との調整も必要」と述べ、即時ゼロにあらためて難色を示した。暮らしでは「待機児童をゼロにしたい。待機高齢者も万単位でいるので、全力を挙げて減らす」と述べた。

 

東京都知事選立候補者一覧

2014年02月10日 確定得票

舛添 要一
2,112,979
 
宇都宮 健児
982,594
 
細川 護熙
956,063
 
田母神 俊雄
610,865
 
家入 一真
88,936
 
ドクター・中松
64,774
 
マック 赤坂
15,070
 
鈴木 達夫
12,684
 
中川 智晴
4,352
 
五十嵐 政一
3,911
 
ひめじ けんじ
3,727
 
内藤 久遠
3,575
 
金子 博
3,398
 
松山 親憲
2,968
 
根上 隆
1,904
 
酒向 英一
1,297
 
写真

 舛添要一(65)は十一日、祝日で人けのない東京都庁舎に足を踏み入れた。受け取った当選証書を手に、笑みは少ない。「大変重い責任を感じる。都政の二カ月の空白を埋めたい」 三年間で三人目の首都の顔。(2014年2月12日) [→記事全文へ]

[写真]

東京都選挙管理委員会の尾崎正一委員長(左)から、当選証書を受け取る舛添要一さん=11日、東京都庁で