東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > アーカイブ2014 > 二月二十一日 ある死刑囚の記録 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【二月二十一日 ある死刑囚の記録】

(3)殺人 はじめは反省…

今は駐車場となった「山彦旅館」の跡地=長野県諏訪市で

写真

 山あいにある長野県諏訪市の冬は、氷点下にこごえるのが常だ。

 一九八三年二月五日。その日、諏訪湖では、湖面に張った氷がせり上がってできる神の道「御神(おみ)渡り」の具合を見て、一年の吉凶を占う神事が執り行われていた。

 湖畔から歩いて五分の「山彦旅館」には三日前から、やせた男の客が一人。熱心な見物客ではない。三十二歳の武藤恵喜(ぶとうけいき)だった。

 このころ、有り金が尽き、東京で無銭飲食を繰り返していた恵喜は、塀の中で知り合った暴力団員を頼り、この地へ流れ着いた。

 部屋数六つの小さな宿には九年前に夫と死別した六十四歳の女将(おかみ)、伊藤美遊登(みゆと)しかいない。「怖いから、知らない人は泊めたくない」。常々、口にしていたはずが、なぜか、いちげんの恵喜を迎え入れた。

 その日、恵喜はあてにした暴力団員から仕事の口利きをしてもらえず、昼を過ぎても二階の「羽衣の間」でテレビを見ていた。

 「映りが悪い」

 「代金を払ってから文句は言って」

 カッとなった恵喜が突き倒す。女将は近くにあった靴べらを握り、必死に振り回した。恵喜はうまく避けて背後に回ると、首に手をかけた。すぐにぐったりしたが、恵喜は念を入れ、電気コタツのコードで絞め直した−。判決文による事件のあらましだ。

 帳場から二万円と預金通帳を盗んで逃げた恵喜は指名手配され、二週間後、東京・浅草の喫茶店で警官に見つかる。所持金は三十九円。コーヒー一杯も飲めない額だった。

 八三年十月、長野地裁は殺人、窃盗罪などで懲役十五年(求刑二十年)の判決を下した。

 国選弁護人を務めた御園広実(77)は判決後の接見でこう語りかけたという。

 「刑務所で悪知恵を付けるんじゃないぞ。出てきて街で会ったら声を掛けてこい」

 そのときの姿が忘れられない。「もっと早く先生と出会っていれば…」。恵喜は涙ながらに言った。

 本気で悔やんでいる…。御園は信じた。

 事件を知った母は四国を遍路し、女将のために祈り続けた。月に一度、獄中の息子へ送った手紙に改心を願う母心をつづった。

 しかし、恵喜は服役した岐阜刑務所時代の心境を、後の支援者への手紙で打ち明けている。「はじめは本当に反省の気持ちが強かったのですが、次第に薄れていったのです」(敬称略)

 

この記事を印刷する

PR情報