東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > アーカイブ2014 > 二月二十一日 ある死刑囚の記録 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【二月二十一日 ある死刑囚の記録】

(2)ウソつき きんごろー

中学の集合写真でほほえむ恵喜

写真

 二〇一三年二月二十一日。加納(旧姓武藤)恵喜(けいき)の死刑が執行されたその日の昼どき、恵喜の実の兄(66)は長野県の自宅の居間で何となくテレビを眺めていた。

 「かのう、旧姓『むとう』けいき…」

 「えっ」

 アナウンサーが旧姓も読んでくれなかったら、聞き逃したかもしれない。

 執行に先立つこと九年前、恵喜がある支援者夫妻の養子となり、武藤姓を捨てたことを兄は知らなかった。

 「本当は『ぶとう』なんだが」

 短いニュースの中、名字の読みすら間違えられた弟だが、ふびんと思うのも煩わしい。

 「やろう、死刑になったわ」

 「ああ、そうかい」

 近ごろ、体が弱り、伏せりがちの母がそれだけ、ぽつり。

 実家の青果店は恵喜が中学校へ進む前、母の病をきっかけに廃業となったが、父は鉄工所などで汗を流し、一家にひもじい思いはさせなかった。

 よく笑い、よく笑わせる。恵喜はそんな少年だった。

 近所でのあだ名は「きんごろー」。明治から昭和にかけ「爆笑王」とたたえられた落語家・柳家金語楼が由来というから、その口達者ぶりがうかがえる。

 が、それも度が過ぎては笑えない。当時を記憶する幾人もが口をそろえる、きんごろーの質(たち)。「ウソつき」

 すし屋に偽の出前を頼んだり、開くあてのない数十人の宴会を予約する。

 「もうしません」。父に叱られるたび涙ながらに謝るが、すぐにまた…。兄はやがて理解した。「自分を大きく見せようとでたらめ言って、収拾がつかなくなる」

 恵喜は獄中からの支援者への手紙で母のこんなエピソードを記している。

 いわく戦時中、満州と呼ばれた中国東北部へ渡った母が引き揚げ途中、生後三カ月の赤ちゃんを亡くした。母は作家藤原ていの戦後のベストセラー小説「流れる星は生きている」のモデルになった−。本当は母が満州へ渡ったことなどない。

 きんごろーのころからそうだった。大した意味も無く、すぐにばれるウソをつく。

 恵喜は中学を出ると実家を離れ、住まいや職を転々とする。二十代半ばから食い逃げや盗みで出ては戻りの刑務所暮らし。そして、三十二歳の時、ついには人を殺(あや)めることになる。

(敬称略)

 

この記事を印刷する

PR情報