東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > アーカイブ2014 > 二月二十一日 ある死刑囚の記録 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【二月二十一日 ある死刑囚の記録】

(4)出所しては罪重ね

男は華やかな街をぶらついた(写真はイメージ)

写真

 岐阜市のJR岐阜駅近く。二十人も入れば満席の小さな居酒屋だった。隅っこの二人掛けのテーブルにはビールや小料理が大して口を付けられずに残っている。

 「よくしゃべるなぁ…」。中日新聞岐阜総局(当時)で県警を担当していた記者、市川真=当時(31)=は半ば、あきれていた。

 一九九八年七月二十二日夜。向かいに座る男は「むとう、のりよし」と名乗った。

 姓名の読みは変えていたが、もちろん、武藤恵喜(ぶとうけいき)である。長野県諏訪市で旅館の女将(おかみ)=同(64)=を殺害、懲役十五年の刑期を終え、三カ月前に岐阜刑務所を仮出所したばかりだった。

 恵喜は岐阜総局への電話で信用調査会社員だと自らを売り込み、二年前に岐阜県御嵩町で起きた町長襲撃事件の情報を提供したいと市川を呼び出した。

 「電車賃を出してくれ」「情報料だ。三千円でいいから」。延々と噂(うわさ)に毛の生えた程度の話をした後、カネの無心を始め、断ってもしつこく粘った。

 後日、市川は旅行会社から身に覚えのない欧州旅行の代金七十万円を請求される。誰が申し込んだか人相を聞けば、あの男。カネにありつけなかった腹いせに、市川の名刺を悪用したらしい。

 「豊橋(愛知県)の保護司に世話になり、仕事をしている」。仮出所の直後、恵喜は故郷、長野県の母あての手紙にこうつづっている。確かにこのころ本籍地を豊橋市に移しているが、その住所は保護司ではなく、暴力団員の居宅だった。まともに仕事を続けた形跡もない。

 結局、恵喜は岐阜刑務所を出て一年半後の九九年十月、スナックでママのバッグを盗んだ疑いで名古屋・中署に逮捕される。

 大手企業のエリート社員や画廊経営者、有名タレントの知り合い…。本当の自分とはほど遠い誰かに化け、飲食店でカネを盗んだり、代金を踏み倒したりと、似た手口の余罪が四十件ほど。名古屋地裁の判決は懲役二年二月だった。

 そして、五度目の刑務所暮らしを終え、また、たった二カ月であの夜がやってくる。

 二〇〇二年三月十三日。前日、誕生日を迎え、恵喜は五十二歳になっていた。

 いつものようにカネが尽き、いつものように夜の街をぶらつく。従業員も客も人が少ないところがいい…。

 名古屋・栄の雑居ビル三階、店名「パティオ」。古ぼけた木のドアを開くと、初老のママがひとり、目に映った。 (敬称略)

 

この記事を印刷する

PR情報