東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > アーカイブ2014 > 二月二十一日 ある死刑囚の記録 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【二月二十一日 ある死刑囚の記録】

(5)小さな幸せの城に…

そこはママが一人で守る城だった(写真はイメージ)

写真

 前年からの暖冬で、近くの公園の桜は、つぼみがほころびかけていた。IT不況からの回復はまだ緒に就いたばかりで、名古屋有数の歓楽街、栄四丁目も盛況とはいかない。

 二〇〇二年三月十三日夜。雑居ビルの三階にあるスナック「パティオ」ではママの千葉春江(61)が、あまり使わないボックス席で暇を持て余していた。

 春江は、かかあ天下とからっ風で聞こえる上州、群馬県桐生市の生まれだ。下に妹が一人。四歳で迎えた終戦の年に父が亡くなった。

 母と姉妹、女ばかり三人の暮らしは楽ではない。幼いときから、炊事に洗濯と病気がちな母を支え、中学に入ると、学業の傍ら、織物工場で働き、家計を助けた。二十代になると地元の結婚式場で、客あしらいを覚えながら、独学で調理師免許を手にしている。

 自分の店を持ちたい−。そんな夢を描き、名古屋で水商売の世界に飛び込んだのが三十路(みそじ)に入ったころ。一度目の結婚に失敗したすぐ後だった。

 クラブのホステスとしては初々しく、それでいて鷹揚(おうよう)な物腰。ひいきにしてくれる客はすぐついた。二つ年上で、金融関係の仕事をしていた須藤正夫(仮名)もその一人。

 三年ほどこつこつためた金と、正夫の力添えで念願の店をオープンしたのが一九七九年のことだ。

 「こんなに早く店が持てるなんて」。春江は正夫の前で子供のように喜んだ。スペイン語で「中庭」を意味する店は、居心地の良さで常連客をつかみ、二十周年を祝うまで歳月を刻んだ。

 籍こそ入れなかったが、いつからか正夫と同居を始め、前妻との間の娘二人もわが子のようにかわいがった。ささやかだが「幸せ」を手にした、そんなころ。

 武藤恵喜(ぶとうけいき)が店のドアを開ける。

 「何時までやってますか」

 時計の針は午後十一時を指そうとしていた。ふだん、店は午前零時で終わり。いちげん客も入れない。売り上げの落ち込みが気にかかったのだろうか。

 「時間は気にしなくていいから、飲んでいってくださいよ」

 恵喜はカウンターに腰掛け「安藤」と名乗った。

 日付が変わり、店を閉めた向かいのスナックのママ田中しげ子(52)が「パティオ」から漏れる男の歌声を聞いている。「千葉さん、きょうは遅くまでお客さん入って、良かったわ」。そんなことを思った。 (敬称略)

 

この記事を印刷する

PR情報