東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > アーカイブ2014 > 二月二十一日 ある死刑囚の記録 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【二月二十一日 ある死刑囚の記録】

(7)奪った幸せ顧みず

1980年前後の“夫婦旅行”で笑顔を見せる春江(正夫のアルバムから)

写真

 見慣れた店がまったく様変わりしていた。

 二〇〇二年三月十四日午前九時すぎ。名古屋・栄の雑居ビル三階にあるスナック「パティオ」には制服姿の警官が慌ただしく出入りしている。

 須藤正夫(仮名)が警官の制止を振り切り、店に入ると、変わり果てた「女房」が床にごろりと転がっていた。

 その後のことを正夫はよく覚えていない。腰が抜けたか、捜査員に抱きかかえられ、店を出た気がする。

 殺されたママ千葉春江(61)。籍は入っていなかったが、正夫は確かに夫だった。

 出会ったのは、お互い三十代半ばをすぎたころ。二つ年下の春江は、栄のクラブでピアノの生演奏に合わせて歌っていた。仕事の金融業が順調だったころで足しげく通い詰めたが、まったくこびようとしない。(面白い女だ…)。

 二年ほどで、正夫は家族に春江を引き合わせることになる。前妻との間の小学生、中学生二人の娘たち。名古屋市内の肉料理店での会食は緊張で身が縮こまった。

 それからある日、正夫は母親のいない台所で、娘が不慣れな手つきで、フライパンになみなみと油を注ぐのを目にした。ひどく危ない−。

 そんなことに背を押された。

 「いっしょに暮らしてくれんか」。春江となら家族になれる。

 春江はうなずいた。

 四人で食卓を囲む日々。手づくりのみそ汁で朝が始まる。

 休みのたび、温泉やスキーにも出掛けた。例えば、富山・宇奈月温泉に出かけたときは大雪で列車が立ち往生し、四人でスナック菓子を分けながら、すきっ腹に耐えた。

 娘二人が独立し、こんどはのんびり小料理屋でもやろうか、そんな話もしていた。それなのに…。

 事件から二日がすぎた三月十六日。春江の葬儀が名古屋市内の斎場で営まれた。

 焼き場から出てきた亡きがら。

 (これからもいっしょだ)

 正夫は骨片を左手でひとつかみすると、口に押し込み、のみ込んだ。バリバリと音がした。手のひらが焼けるように熱かった。

 その直後、正夫の携帯が鳴る。

 「犯人、逮捕したで」

 武藤恵喜(ぶとうけいき)…。捜査員が口にしたのは一度も耳にしたことのない名前だった。

 春江を殺(あや)めてなお、無銭飲食をしながら名古屋市内にとどまっていたという。

 (敬称略)

 

この記事を印刷する

PR情報