東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > アーカイブ2014 > 5隻目の懸案 横須賀の空母来秋交代

ここから本文

【特集・連載】

5隻目の懸案 横須賀の空母来秋交代

写真

  「横須賀基地は、太平洋に開け、首都に近い歴史的に重要な港湾で、米海軍第七艦隊の拠点。米国が、四十年前に空母の配備を始めたのは、西太平洋、アジアで効率的、迅速な作戦行動を行える環境をつくるためで、地政学上の重みがある」(2014年2月28日) [→記事全文へ]

[写真]

東日本大震災翌日の2011年3月12日、日本に向け太平洋を航行する米原子力空母「ロナルド・レーガン」(在日米海軍提供・共同)

 

PR情報