東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞社会事業団 > 最近のトピックス

ここから本文

【東京新聞社会事業団 最近のトピックス】

読者の善意5億円熊本へ 本紙社会事業団 知事へ目録渡す

写真

 中日新聞社(東京新聞・東京中日スポーツ)と中日新聞社会事業団(東京新聞社会事業団)は18日、熊本地震の被災者のために読者から寄せられた義援金五億円を熊本県に届けた。
 社会事業団の坂井克彦理事長が熊本県庁を訪れ、蒲島郁夫知事=写真右=に目録を手渡した。

 蒲島知事は「皆さまからの義援金は心強い。大切に使わせていただきます」と謝意を述べた。
 坂井理事長は、寄託した読者の名前が掲載された本紙を見せながら「発行エリアには、災害時に善意を寄せようという風土がある」と紹介。
 蒲島知事は「頑張れという声が届く中、難局を乗り越えようと必死にやっている。災害からの復旧復興では、熊本を元の姿に戻すだけでなく、さらなる発展につなげていかなければならない」と語った。

 今回、第一次分として届けたのは、東京新聞社会事業団や、本部(名古屋)、岐阜、北陸(金沢)、東海(浜松)の各支部のほか、東京新聞の支局などに寄託された善意。中日新聞社が寄せた一千万円も含まれる。

 社会事業団にこれまでに寄せられた義援金は計7324件、総額6億2444万円。今後、第二次分を贈呈する予定。