東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2008年 > 茨城 > 記事

ここから本文

【茨城】

1万5411人に春 県立高合格発表 68校が2次募集

2008年3月13日

 県立高校の合格発表が十二日、県内百三校一分校で一斉にあり、全日制・定時制合わせて一万五千四百十一人が合格した。推薦・連携型を含めると、合格者数は前年度より百五十二人少ない二万七百二十三人となった。

 一万七千三百六十八人の一般募集に対し、一万八千三百二十六人が受験。受験倍率は一・〇六倍で、前年度より〇・〇二ポイント上昇した。

 合格者数が募集定員に満たなかった六十八校(百八学科)は二次募集を行う。募集定員は千九百八十四人(全日制千七百二十二人、定時制二百六十二人)で、前年度より五百四十二人減少した。

 願書受け付けは、十三、十四日の午前九時から午後五時まで。

 学力検査は、十八日午前九時二十分から午後零時半まで、外国語、国語、数学の三教科で実施する。定時制課程では、学力検査後に面接を行う。合格発表は、二十一日午前九時。

 また、県立盲学校、ろう学校(いずれも幼稚部、高等部)と養護学校(高等部)は二百十二人を二次募集する。 (高橋知子)

PR情報