東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2008年 > 栃木 > 記事

ここから本文

【栃木】

県立高で入試 全日制で倍率1.23倍 大きなトラブルなく終了

2008年3月6日

 県立高校入学試験の全日制学力検査と定時制フレックス特別選抜が五日、県内各校で行われた。全日制六十二校では募集定員一万三百九十八人に対し一万二千七百七十四人が受験。倍率は昨年より〇・〇一ポイント低い一・二三倍となった。合格発表は十一日午前十時から。試験は午前九時二十五分から、例年通り国語、社会、数学、理科、英語の順で実施。全日制では九十八人が、フレックス特別選抜では五人が欠席した。大きなトラブルはなかった。

 面接試験は五、六の両日、二十九校九十科で、実技試験は六日、小山南高スポーツ科で行われる。 (佐藤あい子)

PR情報