東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2008年 > 東京 > 記事

ここから本文

【東京】

英語リスニング 放送音声流れず 日野台高校 全員に一律加点

2008年2月24日

 二十三日行われた都立高入試で、日野台高校の英語のリスニングテストの開始直後に、放送の音声が突然流れなくなった。

 同校はテストを中止し、受験者三百四十二人全員に二十点を一律加点する措置を取った。都教委によると、問題はCDに録音され、試験直前の点検放送で異常はなかったという。

 また、片倉高校では「造形美術コース」に願書を出した女子生徒が、受験番号の誤りから「普通科」の試験教室の席についてしまうトラブルがあった。同校が願書受付時、普通科の試験に使う番号を、受験票に押してしまったのが原因という。

 願書にあったコース名の記載で、試験前に監督教諭が誤りに気付き、女子生徒を正しい教室に案内、試験は通常通り行われた。

PR情報