東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2008年 > 東京 > 記事

ここから本文

【東京】

実施要綱に記載ミス 都立高入試 田柄、合否に影響なし

2008年3月7日

 都教育庁は六日、都内の全中学校などに配布する都立高入試の実施要綱・細目で、田柄高(練馬区)の推薦入試科目の満点の数字に記載ミスがあった、と発表した。実際は「面接二百点」「作文三百点」である満点の数字が入れ違っていた。

 学校側が同庁に要綱の原稿を提出する際に記載を誤り、二度にわたるチェックでも見落としたとみられる。同校に合格した生徒の指摘で判明した。合否に影響はなく合格者変更などは行わない。

 ミスがあったのは、五千八百六十六部を印刷して都内の全中学などに配布した実施要綱・細目と、その内容を圧縮した小冊子で、十万二千五百八十五部を印刷して都内の中学生全員に配布した「募集案内」。入試科目、満点などを一覧で記載している。

PR情報