東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2009年 > 群馬 > 記事

ここから本文

【群馬】

各科目の出題傾向 

2009年3月12日

■理科 

 設問数は前年度と同じ47問。ただ、記述式やグラフを読み解く問題、作図する問題が前年度の8問から14問に増え、難易度が上がった。地球温暖化に絡めた問題も出題された。平均点は60点を想定している。 (前年度平均67・8点)

■英語 

 設問数は前年度より3つ少ない27問。笑顔や朝食の効果など受験生に身近な話題を題材とし、平易な英文を使うことで、難易度はやや下がった。リスニングの配点は前年と同じ3割。平均点は60点前後を予想している。 (前年度平均47・3点)

PR情報