東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2009年 > 茨城 > 記事

ここから本文

【茨城】

県立高推薦入学 合格内定は5162人 新年度全日制

2009年2月18日

 県教育委員会は十七日、二〇〇九年度の県立高校推薦入学の合格内定者数を発表した。全日制が五千百六十二人、定時制が四十七人の計五千二百九人で、前年度を五十五人下回った。小瀬高校の連携型入学者選抜は三十五人が内定した。

 推薦入学の募集人員は全日制が六千七百六十人程度、定時制が百四十四人程度。連携型は九十六人程度で、受験者数は全日制六千四百三十人、定時制四十七人、連携型三十五人だった。

 募集人員は、全日制と定時制の合計では、前年度より計二百六人減少し、受験者数も二百三十二人減少した。

 合格内定者数が推薦入学募集人員に満たない学科を持つ学校数は全日制、定時制合わせて計六十七校で、前年度より三校減った。 (沢田佳孝)

PR情報