東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2009年 > 茨城 > 記事

ここから本文

【茨城】

全日制2次募集 平均倍率は0.46倍 県立高志願状況

2009年3月14日

 県教委は十三日、二〇〇九年度の県立高校二次募集の志願状況を発表した。二次募集する全日制は五十校一分校で平均倍率は〇・四六倍、定時制は十二校で同〇・四〇倍だった。

 全日制は千四百四十九人の募集に対して六百六十四人、定時制は二百四十四人に対し九十八人が志望した。

 全日制で志望倍率が一倍を超えたのは、那珂湊・普通(二・〇〇倍)、竜ケ崎二・普通(一・八一倍)、水戸工・電気(一・七〇倍)、海洋・海洋工学(一・五〇倍)、守谷・普通(一・四三倍)、日立工・工業化学(一・二五倍)、つくば工科・建築デザイン(同)。一倍は総和工・機械だった。

 学力検査は十七日、合格発表は十九日に各校で行う。 (沢田佳孝)

PR情報