東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2009年 > 神奈川 > 記事

ここから本文

【神奈川】

全日制2552人が変更届け出る 公立高後期選抜

2009年2月14日

 県教育委員会は十三日、県内公立高校の二〇〇九年度入試の後期選抜志願変更を締め切った。全日制の志願者数三万六百五十五人のうち、変更を届け出たのは二千五百五十二人。平均競争率は一・四五倍で変更前と同じだった。九日までの志願者のうち百十人は志願を取り消した。

 定時制の志願変更届け出数は二十九人で平均競争率は〇・〇三ポイント下がって二・一九倍となった。

 全日制で最も競争率が高かったのは、県立釜利谷普通科クリエイティブスクールの四・三六倍。募集人員に満たなかったのは、全日制の三校(県立二校、市立一校)。学力などの検査は十九日(一部は二十日も)、合格発表は二十七日。 (松平徳裕)

PR情報