東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2009年 > 神奈川 > 記事

ここから本文

【神奈川】

平均競争率1.45倍 神奈川県公立高入試始まる

2009年2月19日

 神奈川県の公立高校で十九日、学力検査による二〇〇九年度入学試験が始まった。試験は英語、国語、数学、理科、社会の順で、各校では受験生らが緊張した面持ちで答案用紙に向かった。

 県内公立高では学力検査による入試に先立ち、面接などによる前期選抜がすでに行われ、各校の定員20−50%は埋まっている。

 後期選抜は全日制で百五十九校が行い、十三日の志願締め切り時で募集人員二万一千百九十三人に対し三万六百五十五人が志願。平均競争率は一・四五倍となっている。一部の学校は二十日に面接なども実施。合格発表は二十七日。

    ◇

 問題と正答を二十日朝刊関係地域版と、東京新聞ホームページ=アドレスhttp://www.tokyo-np.co.jp=に掲載します。

PR情報