東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2009年 > 埼玉 > 記事

ここから本文

【埼玉】

2万4964人が合格 全日制16校で二次募集 公立高後期入試

2009年3月7日

 県内の公立高校百五十校で六日、後期入試の合格発表があった。県教委によると、合格者数は二万四千九百六十四人(全日制二万三千九百九十一人、定時制九百七十三人)。前期入試の内定者と合わせた合格者総数は四万一千百七十三人になった。

 後期入試で入学許可候補者数が定員に達しなかった公立高の二次募集は、全日制が十六校二十三学科・コースで計二百五人(前年度比七十人減)、定時制が二十六校二十九学科で計八百六十四人(同十一人減)になる。

 願書の提出は九、十の両日。調査書と「学習の記録等一覧表」の提出は九日から十二日までで、志願先の変更は十一、十二の両日。十三日に学力検査と面接を行い、十八日に合格発表される。 (萩原誠)

PR情報