東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2009年 > 東京 > 記事

ここから本文

【東京】

問題の解説 

2009年2月24日

■国語

 大問五題、小問計二十五題の出題構成は例年通りである。

 大問1、2の漢字は基本的なものであるが、訓がやや多く出題されており語彙(ごい)力も問われている。

 大問3の小説は、祖父と孫との心の交流を簡潔なせりふの裏から読み取らせる問題。各小問から丁寧に心の動きをとらえさせており、わかりやすい出題になっている。問5は昨年同様「話す言葉」を書く問題。文章に即して心情をとらえるだけではなく、適切な話し言葉で表現する能力も要求される。

 大問4の説明的文章は全体に長めだが、論旨がわかりやすく、内容は理解しやすい。小問自体は段落相互の関係をとらえるなど一般的なものだが、問4のように最後までしっかり内容理解をしていないと正解にたどりつけないような問題もある。長文記述の問5では、内容理解と具体的な体験とをどう結びつけるかに苦慮した生徒も多かったのではないだろうか。

 大問5は漢文を引用した問題だが、漢文そのものの読解よりも、登場人物の発言の意図をくみ取る問題となっている。二つの文の読み比べや、文法的な知識を使っての短作文など、総合的な問題となっている。

 体験を踏まえた上での表現力を問う等、全体としては言語能力を幅広く問う問題になっており、日常的なしっかりした取り組みが求められている。

 (足立区立入谷中学校 丸山匠勇教諭)

■数学

 問題構成は大問が五問、小問十九問で、これは、ここ最近の傾向であるといえる。

 大問1は各領域に関する基本的な事項についての知識・理解、表現・処理を問うものである。正・負の数、文字式、平方根の計算、一次方程式、連立方程式、二次方程式、確率、円、作図の順に出題され、いずれも基本題である。

 大問2は、条件変えによる「問題作り」によって出題された数え上げと文字式による証明である。文字式を目的に応じて自在に変形する力、論理的な思考力、推論過程の的確な表現力が必要であり、易しくない。

 大問3は、図形の求積を含む関数の問題である。基本題だが、不等号による表現、比、面積を求めることに加えて、中学三年間で学習する関数について、広く、的確に理解している必要がある。

 大問4は、平行四辺形に関する問題である。平行四辺形に関する基本的な知識に加えて、等号を含む文字式を変形する力や、図形について見通しを持って論理的に考察し処理する力、推論の過程を的確に表現する力が必要である。大問5は、空間図形に関する知識・理解をみる問題である。難問ではないが、図形に対する直観的な見方・考え方に基づいて論理的に考察し処理する力が求められる。

 (千代田区立神田一橋中学校 傍士輝彦教諭)

■英語

 大問数は昨年と同じく四題で、問題構成も昨年と同じである。

 大問1は、「聞く力」をみる問題。問題Aは、対話文、問題Bはバス内でのガイドの設定で、特定の情報を聞き取れているかをみている。質問文を理解した上で情報を聞き取り、解答を英語で書くという複合的な能力が問われている。

 大問2は、単語カードや対話の内容をもとに答える問題、スピーチの主題を答える問題、自分の考えを英語で書く問題である。単語カードの問題は、単語カードをアルファベット順に並べ替えるという身近な題材を取り上げている。書く問題では、「自由な時間の過ごし方」をテーマとしている。普段から、まとまりのある英文を書く練習をすることが大切である。

 大問3は、対話文の内容が理解できているかをみる問題。選択肢の英文が本文と異なる表現を用いているものもあり、読解力をみる、よい問題である。

 大問4は、アフリカに赴任した医師が、その土地の人々との触れ合いを通し、大切なことに気づいていく物語。物語の内容や展開が読み取れているかをみる問題である。英問英答は、答えになる表現を物語の中から見つけることができれば、解答できるだろう。

 全体として、話し手や書き手の意向を理解するなどの、コミュニケーション能力をみるためのよい問題である。

 (練馬区立中村中学校 大森博教諭)

■社会

 大問六題、小問二十題は例年通りの出題数である。しかし、地理、歴史、公民と論述式の問題がそれぞれ一題ずつ出題されたり、歴史的事項の並べ替えが三題出題されたりしている点が、例年と大きく異なる。

 大問1は、各分野の基本的事項の知識・理解を問う問題。大問2は、世界の諸地域の特色やわが国と世界の結び付きについて、地図や統計資料等を活用して考察する問題。大問3は、わが国の国土や地域的特色について、地図や統計資料等を活用して、商業等の面から考察し、適切に表現する問題。大問4は、世界の歴史を背景にしたわが国の歴史について、年表等の資料を活用して、政治、経済、文化等の面から考察し、適切に表現する問題。大問5は、現代の社会的事象について、資料を活用して、政治や経済等の面から考察し、適切に表現する問題。大問6は、現代社会の諸問題について、地理、歴史、公民の三分野から、地図や年表等の資料を活用して、総合的に考察する問題。

 三分野とも、各事象を複数の資料と関連づけて考察する問題が多く出題されている。日ごろからそれぞれの事象を資料からとらえたり、複数の資料を関連付けて多面的、多角的に考察したりするような学習を心がけたい。

 また、個々の事象を現代的諸課題との関連でとらえたり、それらを文章で表現したりする学習を積み重ねておくことが大切である。

 (練馬区立開進第一中学校 池下誠主幹教諭)

■理科

 全体の構成は例年の形を踏襲している。大問1は基本的な知識と理解を問う問題で、領域別では物理一問、化学二問、地学一問、生物二問の計六問。基礎・基本をまんべんなく身につけている必要がある。

 大問2は恒例となった会話文形式で、日常生活で経験する事象を題材に出題されている。難題ではないが、基礎的な知識・理解に加え、課題と自分の経験を照合して考える総合的な力が求められる。日ごろから身の回りで起きる自然事象に関心の目を向けておくことが大切である。

 大問3から大問6は、各領域の観察・実験を取り上げて出題された。いずれも文章量が多く読解力が求められる。大問3の透明半球は観察の経験がないとイメージすることが難しい。大問4実験1は操作や手順の意図、結果の意味を整理し科学的に考えて解釈することが必要。大問5問3では実験の意図を理解し、必要な知識や理解を検索して応用する力が試された。

 今後も観察や実験を重視し、結果を考察したり、自然事象を探究していく力を求める出題傾向は変わらないだろう。日常の授業で行われる観察や実験に、操作や結果の意味をよく考えながら積極的に参加し、整理し考察する練習を積み重ねていくことが実力をつける一番の近道だと考える。

 (中野区立第八中学校 山口毅主幹教諭)

PR情報