東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2009年 > 東京 > 記事

ここから本文

【東京】

実質1・38倍 2万9181人が合格

2009年2月28日

 都立高の合格者が二十七日に発表され、全日制は、募集人員より五百九十六人多い二万九千百八十一人が合格した。実質倍率は一・三八倍で、単独選抜制になった一九九四年度以降で最も高かった。

 普通科の実質倍率は平均一・四一倍で、最高は三田の二・二二倍。男子は三田の二・三六倍、女子は石神井の二・一二倍。専門学科は平均一・二四倍で、最高は工芸(デザイン)の二・二五倍。

 入学手続きは三月二日の午前九時−正午。分割後期・二次募集は願書受け付けが同四日、入試は同九日。

PR情報