東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2010年 > 群馬 > 記事

ここから本文

【群馬】

各科目の出題傾向

2010年3月10日

◆国語

 設問数は前年度と同じ21問。作文問題では「○○は社会生活を豊かなものにしている」の空欄の言葉を自由に決めさせてテーマとし、詳細な説明を求めた。平均点は60点をめどにしている。(前年度平均62・7点)

◆数学

 設問数は前年度より1問少ない23問。上毛三山(赤城山、榛名山、妙義山)の標高差を用いて正の数・負の数の考え方を問うなど、身近な題材を使った問題も設定。平均点は50点ほどの想定。(前年度平均48・7点)

◆社会

 設問数は前年度より2問少ない45問。思考力を必要とする記述問題を多く設定した。冬季五輪にちなみ、カナダ・バンクーバーと東京の時差を聞く問題もあった。平均点は55点前後とみている。(前年度平均56・4点)

PR情報