東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2010年 > 群馬 > 記事

ここから本文

【群馬】

開始を1時間繰り下げ 公立高入試2日目 2000年度以降で初めて

2010年3月11日

 県内の公立高全日制とフレックススクール計六十九校の二〇一〇年度後期選抜入試は二日目の十日、理科と英語の試験があった。前日からの雪の影響による交通機関の乱れなどを考慮して、全校で両教科の試験開始時刻を一時間遅らせた。

 県教育委員会によると、試験開始時刻を遅らせたのは、現行の試験方式となった二〇〇〇年度以降では初めて。出題ミスなど試験内容に影響する大きなトラブルはなかった。

 理科は全日制の六十七校で実施。英語はフレックススクールを含む六十九校で行われ、前橋と高崎女子の二校では自校独自の問題も出題された。

 理科の問題文で一カ所脱字が見つかったものの、解答に影響しない部分だったため、各試験会場で訂正個所が通知された。 (中根政人)

PR情報