東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2010年 > 神奈川 > 記事

ここから本文

【神奈川】

公立高定時制 1.17倍、1442人合格 後期入試

2010年3月17日

 県教育委員会は十六日、公立高校定時制、通信制後期選抜の合格者を発表した。定時制二十六校を受験した千六百九十三人のうち千四百四十二人が合格。競争率は、前年の一・二〇倍をやや下回る一・一七倍だった。

 合格者の内訳は普通科六百二十四人、専門学科百四十三人、単位制普通科三百六十五人、単位制総合学科三百十人。一方、通信制二校では受験者六百五十五人全員が合格した。

 二次募集は定時制十二校、通信制一校が実施。定時制は十八〜十九日が志願受け付け、二十三日が志願変更。二十四日に面接を実施し、二十六日に合格発表。通信制は日程が異なる。問い合わせは県教委高校教育課=(電)045(210)8084=へ。 (中山高志)

PR情報