東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2010年 > 埼玉 > 記事

ここから本文

【埼玉】

公立高全日制 競争率は1.22倍 進路希望調査

2010年1月15日

 県教育委員会は十四日、今春の県内の中学校・特別支援学校中等部の卒業予定者の進路希望調査(昨年十二月十五日現在)を発表した。

 県内公立高校全日制の競争率は一・二二倍で、前年より〇・〇二ポイント増えた。

 進学希望者は、卒業予定者の97・8%に当たる六万六千六百三十九人で、過去最高。進学希望先の内訳は、県内公立高全日制が75・1%(前年比1・0ポイント増)、県内私立高全日制が13・7%(同0・7ポイント減)だった。

 全日制の競争率上位は、(1)市立浦和(二・四九倍)(2)蕨(二・一九倍)(3)市立浦和南(二・一三)。一方、全日制の定員割れは普通科で三十五校、専門学科で七十四学科、総合学科で三校に上る。(杉本慶一)

PR情報