東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2010年 > 栃木 > 記事

ここから本文

【栃木】

379人が出願変更 倍率は1.26倍に 県立高入試

2010年2月24日

 県教委は二十三日、二〇一〇年度県立高校入試の出願変更状況を発表した。三百七十九人が出願を変更し、八人が受験を辞退。倍率は一・二六倍となり、十七日の出願時より〇・〇一ポイント下がった。

 出願人数が十人以上増加したのは四校四科で、最も増えたのは黒磯・普通科の十五人。十人以上減少したのも四校四科で、那須拓陽・普通科が最大の十八人減だった。

PR情報