東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2010年 > 東京 > 記事

ここから本文

【東京】

問題の解説

2010年2月24日

■国語

 大問五題、小問計二十五題の出題構成は例年通りである。

 大問1・2の漢字は基本的なものだが、日常の使用頻度が低い「宵」の読み、書き誤りの多い「券」「輸」などは語彙(ごい)力が問われる。

 大問3は父娘の心の交流を丁寧に描いた小説からの出題。人物の心情や様子などを問うている。問5は数年続いている「話す言葉」を書く問題で、文章に即して人物像や心情をとらえ、適切な話し言葉で簡潔に表現する力が要求される。

 大問4の説明的文章は中学生にとっては難解な語彙が多いが、論旨は一貫しており理解しやすい。文章の意図を問う一般的な出題だが、論理構成を問う問3は特に本文の正確な読解が求められる。問5は、読書に対する筆者の考えと、自身の知識や体験を関連づけて自分の考えで表現する力を試している。

 大問5は「去来抄」を取り上げた文章からの出題。芭蕉の俳句に対する考えを読み取る問題に加え、文章を読み比べて文意をとらえる問題、指定語句による短作文の問題などがあり総合的な問題となっている。

 全体としては言語能力を幅広く問う問題になっており、読書を含め、日常的な学習への着実な取り組みが求められる。

 (世田谷区立希望丘中学校 大倉清子主幹教諭)

■数学

 問題の構成は、大問五題、小問十九題であり、これは最近の傾向である。

 大問1は、正負の数、文字式、根号を含む式の展開、一次方程式、連立方程式、二次方程式、確率、円、垂直二等分線の作図の順に、「知識・理解」や「表現・処理」の能力をみる問題で、いずれも基本的である。

 大問2は、数学的活動の場面をもとに出題されている。新学習指導要領の実施に伴い、今後も数学的な見方や考え方に関する問題が重視されると考えられる。問1・2ともに、柱体の体積を求める等式に関する問題である。

 大問3は、一次関数についての問題である。問1・2は座標を求める問題であり、基本的である。問3は、△ARQをPRを底辺とした二つの三角形の面積の和とみることができれば、難しくない。

 大問4は、二等辺三角形の性質および三角形の相似に関する問題である。問2の(1)では四年ぶりに三角形の相似条件を用いた証明が出題された。(2)は相似な図形の対応する辺の比を用いるが、やや複雑である。

 大問5は、空間図形について。問1は、△PFHが正三角形であると気づけば易しい。問2は、直観的な見方・考え方に基づいて図形を処理する能力が求められ、計算も複雑である。

 (目黒区立東山中学校 斎藤圭祐主幹教諭)

■英語

 大問数は昨年と同じく四題で、問題構成も昨年と同じである。

 大問1は、「聞く力」をみる問題。問題Aは、対話文、問題Bはテレビ番組のメッセージという設定で、特定の情報を聞き取れているかをみている。英語の質問文を理解した上で情報を聞き取り、解答を英語で書くという複合的な能力が問われている。

 大問2は、清掃当番表や施設案内を基に対話の内容を答える問題と、スピーチの内容を把握し自分の考えを英語で書く問題の複合問題である。書く問題はスピーチをした人への助言を書く形式で、まとまりのある英文を読み、感想などを英語で書く力が求められる。

 大問3は、対話文の内容が理解できているかをみる問題。選択肢の英文が本文と異なる表現を用いているものもあり、読解力をみる、よい問題である。

 大問4は、絵を描くのが好きな少年が公園で老婦人と触れ合い、絵を描くことの素晴らしさに気づいていく物語。内容や展開が読み取れているかをみる問題である。英問英答は、答えになる表現を物語の中から見つける力が求められる。

 全体として、話し手や書き手の意向を理解し、自分の考えを表現するなどコミュニケーション能力をみるためのよい問題である。

 (練馬区立中村中学校 大森博主幹教諭)

■社会

 大問六題、小問二十題で、例年通りの出題数である。地理、歴史、公民で論述式の問題がそれぞれ一題、漢字で記述する問題が一題、歴史的事項の並び替えが二題、地図上の位置と地理的事象とを合わせる問題が二題出題された。

 大問1は、各分野の基礎・基本を問うている。大問2は世界の諸地域の特色やわが国と世界の結び付きを、地図や統計資料を使って考察するもので、問2はやや難問である。

 大問3は、わが国の国土や地域的特色について、地図や統計資料を用いて、自然環境や産業などの面から考察し、適切に表現する能力を要求。大問4は、世界の歴史を背景にしたわが国の歴史を、年表等の資料を活用して論じる力をみている。問2はやや難しい。

 大問5は、現代の社会的事象について、資料を活用して政治・経済面から考え、端的にまとめる力を求めている。大問6は、現代の諸問題について、地図や年表等の資料を活用して総合的に考察する問題となっている。

 例年どおり、地図や統計資料を関連づけて考察する問題が多く出題された。日ごろから資料を活用した学習を行っておくことが必要である。また、言語力育成の観点から、論述する学習を心がけたい。

 (練馬区立開進第一中学校 池下誠主幹教諭)

■理科

 大問六題から成る全体の構成は例年通り。新指導要領への移行措置で新しく加わった内容からは、大問2の月の運動、電池とイオン、遺伝子、大問6の仕事とエネルギーが出題された。大問1には物理二問・化学一問・生物一問・地学二問の小問があるが、いずれも一年生で学習する基礎的・基本的な内容。毎日の授業の中でしっかりと身につけておきたい。

 大問2では二つの対話文を読み、物理・化学・地学・生物各一問に答える。日常の生活と関連付けながら設定されている状況を想像し、必要な知識や理解を検索して使いこなす幅広い力が求められた。基礎・基本を確実にしておくことも大事だが、生活のさまざまな場面での体験を、学んだ事柄と結びつけてとらえるようにも心がけておきたい。

 大問3〜6では物理・化学・地学・生物各分野の観察・実験を示し、関連する知識・理解と科学的な思考力を見ている。文章量が多い問題を正確に読み取る力に加え、授業中の観察・実験に操作や手順の意味を考えながら取り組み、結果を整理したり筋道立てて考察したりする経験を積み重ねておきたい。いずれも素直な問題でその時々に学んだ事柄を着実に身につけていれば解答に困ることはない。そのためには日々の授業を大切にすることが大事だ。

 (中野区立第八中学校 山口毅主幹教諭)

PR情報