東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2010年 > 東京 > 記事

ここから本文

【東京】

未来開花 都立高で合格発表

2010年3月1日

 東京都立高校の二〇一〇年度一般入試の合格発表が一日あった。伝統校の日比谷高校(千代田区)では、午前九時から正門横に合格者の受験番号が掲示され、自分の番号を見つけた受験生らは、歓声を上げて、携帯電話で写真撮影するなど喜びをはじけさせた。

 友人同士という文京区の福島舜君と高野綜一朗君はそろって合格し、「文武両道の学校生活を送りたい」「国際的に活躍できる人間を目指したい」などと笑顔で話した。都立高入試は二月二十三日にあり、全日制は百七十六校に四万二千七百八十三人が受験。平均受験倍率は前年度から〇・〇三ポイント上昇の一・四四倍で、〇三年度に学区制を撤廃し、現行制度となってからの最高を更新した。

PR情報